省エネルギーのヒント
TOP
①デマンド監視とその取り組み

高圧で受電される契約電力500kW未満のお客様の場合、その月と過去11ヶ月の
最大需要電力 (デマンド値)の中で最も大きな値が基本電力の計算に使用されます。

つまり1回でも大きなデマンド値が出ると1年間はそのデマンド値が適用されます。
そこでデマンド値をどのように抑えるかや、電気の効率よい使い方のアドバイスを行います。


①デマンド監視装置の導入。
②省エネ機器。
③LED照明器具導入の提案です。


現在の電気料金制度は、デマンド値で決まる基本料金と、1ヶ月間の電力使用料で決まる
積算電力量料金によって計算されます。
また事業形態に合った適切な料金契約をしなければなりません


④途中で昼間営業から夜間または24時間営業に変えた場合は契約の変更を提案する
のも省電力化への対応策です。

①各事業所において、職場毎の使用電力量を把握し日々の(日、月、季節)使用電力量を
  把握しておく事は重要です。
  特に工場などで、稼働率の低い設備を24時間通電して置くことが常識になっている場合
  本当に電源が切れないものか検討する事は、省電力化においては大切な取り組みの
  一つです。
②待機電力の削減